会社設立

 

・会社設立のためには日本の銀行口座が必要です。

 

・日本で会社設立するためには会社住所を定めなければなりません。

 

◎日本で外国人が株式会社を設立する場合、次のような手続きが必要となります。

 

1.株式会社の基本事項を定める
2.定款を作成する
3.公証役場で定款を認証する
4.資本金を発起人の日本の銀行口座に振り込む
5.法務局へ法人設立登記をする
6.税務署へ各種届出をする
7.(必要な場合)営業許認可を取得する
8.経営管理ビザの入国管理局への申請
9.年金事務所、ハローワーク、労働基準監督署へ各種届出をする

 

 

1 日本で設立する会社の内容を決定
@会社名
A会社所在地
B会社の事業内容
C資本金 ※500万円以上必要
D日本在住協力者を含む役員 等
※代表者のうち少なくとも1名以上は、日本国内に住所があり、居住している者でなければならない。

 

2 事務所の確保
賃貸の場合、会社法人名義で契約するため、事務所用の物件である必要があります。住居と一体となっているものは許可されません。

 

3 資本金の振込
500万円以上の資本金を海外の銀行から日本在住の共同代表の銀行口座、またはご自身の口座に振り込んでください。

 

4 会社設立手続き
会社印鑑の制作
電子定款制作
公証役場による定款認証手続き(株式会社の場合)
法人設立登記手続き
税務署への開設届出手続き
日本銀行への外為法上の届出手続き

 

5 株式会社設立の必要書類
@設立登記申請書 
A定款 
B本店所在地決議書 
C代表取締役の就任承諾書 
D取締役の就任承諾書 
E資本金の払込証明書 
F発起人の印鑑証明書 
G取締役の印鑑証明書 
H印鑑届出書

 

日本に住所のない海外在住の外国人の場合は日本の印鑑証明書を準備できませんので、本国の領事館で署名証明を交付してもらってください。

トップへ戻る