営業許認可取得

 

「経営・管理」ビザを取るために事業内容に制限はありませんが、事業を行うにあたり許可が必要な業種が幾つかあります。

 

「経営・管理」ビザの許可申請の前には、営業許可を取っておかなければなりません。営業許可が取れなければ「経営・管理」ビザも取得できません。

 

営業許可が必要な業種の例
古物商許可、食品営業許可、宅地建物取引業免許、旅行業登録、酒類販売業免許

 

外国人経営者が「経営・管理」であれば許可を取得できる。まず、「経営・管理」の在留資格を取得してから、例えば古物商の許可を申請してから営業を開始することになります。

 

許認可等の取得における外国人経営者の取扱いは許認可庁により異なるため、最新の情報を入手すべきです。

 

許認可等の取得が必要な場合は、可能であれば許認可等を取得してから、在留資格「経営・管理」の手続きを行うべきです。

 

 

トップへ戻る